名古屋駅太閤口(新幹線口)徒歩約5分の痛くない歯科(歯医者)なら吉田歯科医院。一般歯科/虫歯治療

一般歯科/虫歯治療

一般治療について

一般歯科とは、小児歯科・矯正歯科・口腔外科以外のむし歯治療や歯周病の治療等、通常歯科医院に通院した際に受ける治療の大半を一般歯科と考えてもらえれば結構です。
当院は保険医ですので、健康保険で診療を受けていただけます。

しかし、治療技術の進歩により歯科治療の方法も様々となり、一般的に言う「保険診療」と「自費診療」に2分化されております。どちらの治療方法が良いのかはケースにより異なりますが、一番大切な事は『常に健康な歯である事』です。

知覚過敏

知覚過敏とは、虫歯になっていないのに、冷たい水や甘いものなどを口に含んだ時、歯ブラシでふれた時に感じる痛みをいいます。

知覚過敏の原因

知覚過敏の原因は通常、磨きすぎや歯周病ですが、歯ぎしりやくいしばりが原因の場合もあります。

知覚過敏の治療法

知覚過敏がおこっている原因別に治療法をご紹介します。

間違ったブラッシングが原因の場合

間違ったブラッシング方法によって歯がすり減ったり、歯ぐきが下がって歯の根っこが出てきてしまい、知覚過敏になった場合には、正しい歯磨きの方法を覚えることが大切です。正しい歯磨きで歯が削れたり歯ぐきが下がったりするのを防ぎ、歯の再石灰化を促進することによって知覚過敏を改善します。

歯周病が原因の場合

歯周病が原因で歯ぐきが下がってしまい、歯の根っこが出てきてしまうことで知覚過敏になってしまうこともあります。上記同様正しい歯磨きの方法を覚えることも大切ですが、原因となっている歯周病を根本から治療する必要があります。

歯ぎしりやかみ合わせが原因の場合

歯ぎしりやかみ合わせに問題があることによって歯が削れたりひび割れ(マイクロクラック)が入ったりすることによって知覚過敏になってしまうこともあります。歯ぎしりが原因と思われる場合には「マウスピース」を装着したり、かみ合わせが原因と思われる場合には歯を少し削ってかみ合わせを調整したりします。

歯の詰め物(かぶせ物)が取れてしまった方へ

歯の詰め物(かぶせ物)が取れてしまった場合、そのままにしておくと食べ物のカスなどが入ってしまい、食事をするたびに大変な思いをします。また詰め物(かぶせ物)が外れた状態を放っておくと、虫歯になりやすくなってしまいますので、出来るだけ早く詰め物(かぶせ物)を入れる事をお勧めします。

虫歯治療

虫歯の分類と治療法

虫歯は進行状況によって、C0~C4の5段階に分けられます。それぞれの特徴と治療法は以下の通りです。

虫歯の分類と治療法

虫歯探知機

当院では、ダイヤグノデントという機械を使用して、レーザーでむし歯を数値的に読み取ります。この数値が小さい場合は削らずに抑制をはかりますが、数値が大きく冷たい物がしみるなどの症状があれば歯を削る保存処置をします。また、何もなくてもズキズキしたり、噛むと痛いなどの症状がある場合は、歯内療法といわれる神経をとったり、感染した歯の中の管の掃除をします。


TOPへ戻る