名古屋駅太閤口(新幹線口)徒歩約5分の痛くない歯科(歯医者)なら吉田歯科医院。義歯・入れ歯

義歯・入れ歯

当院では特に義歯に力を入れ、院長が自信を持って治療に取り組んでいます。

歯が1本でもない状態のままにしておくと 正常な状態ならば上下28本で咬んで食べることにたいして残った本数の歯だけで咬むことにより喪失した歯にかかるはずだった力が残存歯への負担となり、その結果、残った歯の歯ぐきや顎の骨を弱めてしまいます。
そして咬みあわせのバランスが崩れていき歯並びが崩れていき身体のバランスまでおかしくなっていくことがあります。
それを防ぎ残った歯と歯茎を守るために入れ歯をいれる必要があります。
1本や2本でしたら固定性の取り外しの必要のない入れ歯(クラウンブリッジ)をいれることができますが、連続して3、4本と無い場合には取り外し式の義歯(入れ歯)を入れる必要があります。
また、合っていない調子の悪い入れ歯を長く使っていくほど、残存歯と歯茎を弱めることになります。

より良い義歯(入れ歯)をつくるためには、いきなり型を採って作っていくのではなく、残った歯の状態とその歯茎の状態を診て、虫歯があったり歯周病があるならばまずそちらから治療をしていく必要があります。
そうすることによって残った歯を長持ちさせ、しっかりした義歯を作ることができます。

総義歯(総入れ歯)の方も合っていない適合の悪い義歯を使うことによって歯茎に傷をつけて顎の骨が痩せていき

そして患者さんに再び良く噛めるようなってもらいたいという想いのもと診療にあたらせて頂きます。

歯科医院スタッフ一同と患者さんの信頼と協力のもとよりよい義歯を作っていきたいと思います。

義歯ができあがり咬めるようになっても定期的な検診が必要になります。
長く入れ歯使用しますと、入れ歯の歯がすり減り咬みあわせが低くなります。
顎の骨の形も少しずつ変わっていきますので、入れ歯がゆるくなったりします。
その結果入れ歯が使いづらくなり食事しにくくなったり痛みがでたりします。

それを防ぐために検診をすることによって義歯そのものや残存歯、歯茎に異常があった場合、早期発見早期治療を行う事ができ、義歯を長く使って頂くことができます。

当院では現在下記の入れ歯を制作しております。

義歯・入れ歯のメニュー

     

ハイグレードタイプ ゴールド (自費)

ゴールドの金属床
   部分入れ歯  基礎486,000円 鉤一カ所につき 43,200円追加
   総入れ歯 540,000円
部分入れ歯 総入れ歯
部分入れ歯<
 
総入れ歯
大きい画像を見る

昔から体に安全とされる金やプラチナを主原料にした合金です。仕上がりの美しさはもとより、鋳造性に優れているので、ぴったり合いやすく、お口の中では心地よい接触感です。いろいろな食べ物の味もそのまま美味しくいただけます。部分入れ歯の場合、金属のしなやかさがバネをかける歯のダメージを少なくします。金属の再利用も可能です。

丈夫さ
快適さ
熱の伝わり
体への優しさ
食べ物の味わい
軽さ
トータル評価
     

ハイグレードタイプ 純チタン・チタン合金 (自費)

チタン床義歯
   部分入れ歯  基礎270,000円 鉤一カ所につき 21,600円追加
   チタン床義歯 総入れ歯 378,000円
部分入れ歯 総入れ歯
部分入れ歯<
 
総入れ歯
大きい画像を見る

チタンは体内に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属で、口の中では金属味がほとんどありません。金に近い硬さの純チタンとプラチナに近い硬さのチタン合金があり用途に応じて使い分けをします。

丈夫さ
快適さ
熱の伝わり
体への優しさ
食べ物の味わい
軽さ
トータル評価
長所短所
○薄いため違和感が少ない
○硬いため、安定した噛み心地になる
○上あごをおおう場合、食べ物の熱が伝わる
○割れにくく、変形しない
○軽い
○金属アレルギーにならない
 
     

エコノミータイプ (自費)

コバルトクローム床義歯
   部分入れ歯 基礎162,000円 鉤一カ所につき 21,600円追加
   総入れ歯 280,800円
部分入れ歯 総入れ歯
部分入れ歯<
 
総入れ歯
大きい画像を見る

永く入れ歯用材料として使用され、信頼性も実績も高い材料です。エコノミータイプは金属床の基本的な良さを生かしたお求めやすい入れ歯です。 部分入れ歯も基本的な良さを生かしつつも、歯にかかるバネのデザインを限定するなどして、同じくお求めやすい入れ歯になっています。

丈夫さ
快適さ
熱の伝わり
体への優しさ
食べ物の味わい
軽さ
トータル評価
長所短所
○薄いため違和感が少ない
○硬いため、安定した噛み心地になる
○上あごをおおう場合、食べ物の熱が伝わる
○割れにくく、変形しない
×金属アレルギーになることがある
     

NPデンチャー

NPデンチャー 基本1床2歯162,000円 1歯増えるごとに10,800円加算

NPデンチャー(部分入れ歯)

金属のバネを使いませんので、それを見えるのが嫌な方に最適です。
ノンメタルクラスプ(金属バネを使わない・金具の無い)部分義歯のことです。
他の義歯の床用材料と比較して、弾力性・強度に優れており、軽く・薄くできるのが特徴で、更に無味無臭・違和感がありません。
また装着した時は、義歯の色調が同化している為、一目で区別がつかない程自然です。
バネがないので入れ歯だと気づかれにくい。違和感が少なく、装着感もよい。チタン・コバルトクロムに比べ安価

違和感(薄さ)
安定性
熱伝導
     

コンフォートデンチャー

コンフォートデンチャー 378,000円

コンフォート デンチャー(総入れ歯)

コンフォートは、硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮。
「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、あなたの歯ぐきをやさしく守ります。

違和感(薄さ)
安定性
熱伝導
長所短所
○痛みがでにくい
○しっかり噛める
×生体シリコーンを貼るので厚みが増します

保険の入れ歯

     

保険 入れ歯 (保険)

プラスチック 保険適用
   部分入れ歯 歯の本数で変わります。 約10,000円前後
   総入れ歯 約12,000円
部分入れ歯 総入れ歯
部分入れ歯<
 
総入れ歯
大きい画像を見る

保険では使用できる材料やデザインに制限があります。基本的にすべてプラスチックのため分厚くなり快適さが損なわれたり口の中で熱が伝わりにくくなりますが、噛むという基本的な機能については変わりません。

丈夫さ
快適さ
熱の伝わり
体への優しさ
食べ物の味わい
軽さ
トータル評価
長所短所
○健康保険が適用できる
○調整が容易
×精度を高く作るのが難しく、安定して噛めない
×口の中の違和感が大きい
×バネが目立つ
×割れたり変形しやすく、耐久性が低い
×上あごをおおう場合、食べ物の熱が伝わらない

TOPへ戻る