名古屋駅太閤口(新幹線口)徒歩約5分の痛くない歯科(歯医者)なら吉田歯科医院。診療について

診療について

診療の流れ

STEP1 初診カウンセリング

治療の前にチェアーまたはカウンセリングコーナーでお話をさせていただいています。
初めての来院時は皆さん不安でいっぱいだと思います。
あなたのお困りごとやお悩み、要望をじっくりお聴かせください。


虫歯の痛みなどはすぐ治療にとりかかれますが、保険での歯石取りや歯のクリーニング一度お口の状態を診察して歯周病の検査や歯ブラシ指導を受けていただいてからではないと行えません。すぐにしてもらいたい場合は自費となります(汚れは病気ではないので健康保険は適応されないためです)。

STEP2 検査

レントゲン写真や歯ぐきの検査を必要に応じて行います。
当院では被爆量を極力減らすため、デジタルパノラマレントゲンを導入しております。

STEP3 診療

あなたのお悩みの原因を的確に診断し、治療法や解決法を口腔内カメラやレントゲン写真、模型などを使って詳しく説明いたします。

STEP4 治療

あなたの気になることから順番に治療していきます。
気になることがすべて解決しましたら、ほかに治療が必要なところがあるか詳しく調べます。必要があれば治療計画をご一緒に考えます。

STEP5 予防

身体やお口が健康な状態になりましたら、定期的に検査やクリーニングを行うことでかみ合わせが安定し、しっかり噛めるようになることによって健康を取り戻すことができます。即ち、「しっかり噛める口腔=健康」といっても過言ではありません。
そして健康維持増進のために定期的に検査やクリーニングをおすすめしています。
健康維持増進のために何よりも予防が大切なのはいうまでもありません。
歯がつるつるピカピカ「気持ちいい」エステ感覚で通う方もいらっしゃいます。
歯で悩むことのない豊かな人生を送りましょう!

診療メニュー

一般歯科

一般歯科とは、小児歯科・矯正歯科・口腔外科以外のむし歯治療や歯周病の治療等、通常歯科医院に通院した際に受ける治療の大半を一般歯科と考えてもらえれば結構です。
当院は保険医ですので、健康保険で診療を受けていただけます。
しかし、治療技術の進歩により歯科治療の方法も様々となり、一般的に言う「保険診療」と「自費診療」に2分化されております。どちらの治療方法が良いのかはケースにより異なりますが、一番大切な事は『常に健康な歯である事』です。

詳しくは「一般歯科・虫歯治療」のページをご覧ください

歯周治療(歯周内科)

歯周病とは、歯周組織の病気で細菌が引き起こす感染症です。
ひとことで、「歯周病」といってもさまざまなタイプがあり、皆さんが一般的に呼んでいる「歯槽膿漏」も歯周病のひとつです。
歯周病には大きく分けて、歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする『歯肉炎』と、歯を支えている歯槽骨が破壊される『歯周炎』の2つの症状に分けられます。
当院では新しい歯周病治療方法をとりいれており歯周内科治療といいます。

詳しくは「歯周病治療」のページをご覧ください

審美歯科(冠、詰め物)

痛くない、噛めるというだけで満足ですか?
審美補綴の治療で「より美しく、自然な歯を」取り戻しましょう 。
基本的に保険の場合は金パラジウム銀合金という金属で歯の失った部分を修復、 または補綴します。保険でも前歯の場合は歯科用プラスチック(レジン)を用いて 部分的に白くすることはできますがその白さはやはり人工的なものを感じると思います。
自然な歯の白さを求める場合は自費診療になりますがセラミックまたはハイブリッドセラミックを使ったものをおすすめします。身体に優しく、アレルギーの心配もなく、個人個人の色調にあわせることができ、変色しにくく、丈夫で長持ちです。

詳しくは「審美歯科」のページをご覧ください

予防歯科

長い期間をかけて治療をして、終わりが来たとき皆さんはどういう風な気持ちになるでしょう。「これでもう通わなくていい」「やっと終わった」などと思われますか?これが多くの率直な意見だと思います。そういう思いの他にも「せっかく直った(綺麗になった)口の中を維持していきたい」という思いの方もいらっしゃいます。実際の治療の経過が良くても、口の中の環境が良くなければ再発という問題は避けて通れません。
定期検診および予防歯科では、むし歯、歯周病のチェックだけでなく、衛生士によるプロフェッショナルケアを行っています。

詳しくは「予防歯科」のページをご覧ください

ホワイトニング

コーヒー・お茶・カレー・醤油・タバコ等、着色性の強い飲食物を長年摂取したり、遺伝、加齢によって歯が黄ばんできます。
そのような黄ばんだ歯を削らず被せ物をしないで白くする方法がホワイトニングです。
身体にほとんど害のない漂白剤を歯の表面に塗り、歯を白くしていきます。
歯の色をさらに白くすることができます。
当院はオフィスホワイトニング、ホームホワイトニングとホワイトニングコースの3種類があります 。

詳しくは「ホワイトニング」のページをご覧ください

口腔外科

当院では通常の抜歯手術の他、親知らずの抜歯を行っています。

当院ではインプラント治療は行っておりませんが 希望される場合「愛知学院大学歯学部付属病院」へ紹介させていただいております。

咬み合わせの治療

肩や首のこり、偏頭痛、顎関節症や不定愁訴など様々な現代病に「咬合と姿勢」は密接に関わっています。
当院では姿勢咬合医(川邉研次先生主幹)の立場から、重力に調和した姿勢の指導といろいろな方法で咬合の安定を図る治療に取り組んでいます。「えーっ、こんなことでアゴがかみ合わせがらくになるのと驚かれると思います。
子供たちの明るい未来の創造のために、健康で活力ある老後の人生の構築のために、姿勢と咬合を通じて微力ですが社会に貢献できることが願いです。

その他の治療

NVマイクロレーザーによる歯科治療

半導体レーザーをとりいれた治療を開始しました。当医院では最新のコンパクトなレーザー機器を使用して人体に影響の少ないレーザー治療を推奨しております。
歯周病治療に特に効果があります。
施術の痛みが少なく治癒効果が早く除痛効果があるのが特徴です。

止血凝固術、歯肉圧排、歯肉切除、根菅内殺菌、歯周ポケット内の殺菌、疼痛緩和、知覚過敏軽減、虫歯の殺菌や、口内炎や歯肉など幅広い治療に効果があります。


光殺菌治療(PDT)

メチレンブルーという青い薬液を患部に塗ることによって細菌が青く染まりそこへ特殊な波長の赤いライトをあてることによってメチレンブルーが光に反応し活性酸素が発生して殺菌するという治療法です。
抗生物質が効かない薬剤耐性菌にも効果があります。
歯周病や根管治療などの細菌感染をおこしている部分の殺菌には大変効果があります。薬を塗って光を当てるだけですので痛みもありません。


歯根破折歯の接着治療

治療済の歯の根が割れるトラブルのことを「歯根破折」といいます。
これまで、歯を失う原因のほとんどが虫歯と歯周病とされていましたが、最近になって歯根破折が原因でやむなく歯を抜かなければならないというケースが増えてきています。
一般的に、破折した歯は抜くことになることが多いようですが、割れた歯も初期の段階であれば、最新の接着材で割れた部分を修復し、グラスファイ バーの支柱を立てる方法で治療する事ができます。
また、破折に気づかずに放置され割れた部分が分離してしまったような歯の根であっても「再植」とい う治療法を用いれば、割れた歯や欠けてしまった歯も以前と同じように使えるようになります。

再植の方法として
(1)割れた歯を、歯根膜を傷つけないように抜きます。
(2)病気の部分を処置して、割れた歯を接着します。
(3)再び元の場所に戻します。

自費診療で保険が効きません。
破折歯に再接着法 ¥32,400(税込)
この手術をうけると差し歯も保険がきかなくなります。
¥64,800(税込)から

成功の条件として
・割れた根が楽に抜ける
・大きな病変が根の周りにない
・たばこを吸わない
・歯科医院が指定した日時に定期的に検診をうけることができる。
・正しいブラッシングで口腔内を清潔に保てる。
・糖尿病や内臓疾患がない。
じっさい施術したときに割れた歯が薄かったり虫歯だったりしてボロボロだった場合は
その歯を諦めて頂く場合もあります。その時は保険による抜歯となります。
以上の事から必ず成功する手術ではないことを念頭にお入れ下さい。

術前もしくはそのすぐ後に歯周病や虫歯の検査を受けていただき、歯ブラシ指導や歯石の除去などプロによる清掃をうけていただきます。(保険可)

注意点として成功したからといって昔のようになんでも硬いものを噛めるようになるわけではありません。
反対に他の健康な歯より弱いですのでいたわって使ってあげる必要があります。

手術後すぐ差し歯は入りません。
戻した歯が顎にくっつくのに2ヶ月前後
そこから仮歯で3ヶ月前後様子をみて
問題がなければ型をとって差し歯をいれます。
その間定期的な検診に来ていただきます。

詳しくは当院までお問い合わせください。

TOPへ戻る